サイクルロードレースで走る距離はどれくらい?市民からプロの大会まで紹介

レース関連

こんにちは、坂バカ理学療法士のわさおです。

サイクルロードレースは日本ではまだまだマイナーな競技です。

最近は、漫画の弱虫ペダルの影響で、ロードレースのことを知っている人も増えてきました。

でもそんな人たちも、ロードレースについてまだまだ知らないことは多いはずです。

ロードレースに興味を持った人たちの中で、一番多い質問が

「ロードレースって一体どれくらいの距離を走るの?」

です。

そこで今回のテーマは、ロードレースで走る距離についてです。

市民レースからプロレースまで紹介していきますね!

スポンサーリンク

市民向けのロードレースの距離

まずは市民レーサー(アマチュアレーサー)の参加できるレースについて紹介していきましょう。

レース距離の相場

市民レースの場合、レース距離は10kmのものから、210kmに及ぶレースもあります。

大きな大会の場合、100㎞前後になることが多いです。

有名なレースの距離

ツールド沖縄

市民レーサーの甲子園とも呼ばれる沖縄の有名なロードレースです。

1番大きい大会といっても過言ではなく、厳しい時間制限の中で完走するだけでも名誉があります。

50km,100km,140km,210kmの4つの距離でカテゴリーが分けられています。

中でも210km部門は、特に強豪レーサーがひしめく部門です。

ツールド宮古島

宮古島で行われる開放感たっぷりのロードレースです。

観光がてらレースをする人も多いようです(笑)

74kmと136kmの2つの距離でカテゴリーが分けられます。

シマノ鈴鹿ロードレース

三重県の鈴鹿サーキットで行われているシマノ主催のロードレースです。

1周5.8kmのサーキットを周回します。

2周、3周、5周、7周の部門があり、距離は11.6km~40.6kmとなります。

ロードレースとしては、かなり短めの距離設定です。

スポンサーリンク

国内プロのロードレースの距離

Jプロツアーと呼ばれる国内プロレースの距離について紹介しましょう。

レース距離の相場

Jプロツアーのレースの場合、50km~200kmくらいの距離になることが多いです。

ただし個人タイムトライアルやヒルクライムだけのレースはもっと短く、たった2.6kmなんて距離もあります。

有名なレースの距離

ジャパンカップ

栃木県宇都宮市で開催されるプロレースです。

2019年のレース距離は144.2kmです。

日本のレースの中で、UCIカテゴリで最も上位のレースなため、海外プロもたくさん来ます。

宇都宮市全体がお祭りのような雰囲気になる、日本を代表するサイクルロードレースです。

ツアーオブジャパン

日本のレースで数少ないステージレースです。

ステージレースとは、数日間にわたって行われるロードレースです。

8日間もあるステージレースはツアーオブジャパンだけではないでしょうか?(知らないレースがあればすみません)

2019年のレース距離は

第1ステージ:2.6km(個人タイムトライアル)
第2ステージ:105.0km
第3ステージ:127.0km
第4ステージ:139.4km
第5ステージ:123.6km
第6ステージ:120.0km
第7ステージ:36.0km(ヒルクライム)
第8ステージ:112.0km

という構成になっています。

スポンサーリンク

海外プロのレースの距離

レース距離の相場

海外のプロレベルでは、様々な距離のレースが行われています。

200㎞前後の距離のレースが主流ですが、300㎞に及ぶレースもあります。

ワンデーレースと呼ばれる1日だけのレースでは、距離が長くなる傾向があります。

有名なレースの距離

ツールドフランス

ロードレース界で1番のレースといっても過言ではない、超有名な大会です。

ステージレースで、なんと21日間も走ります。

個人タイムトライアルを除けば、ほとんどのステージが200km前後の距離です。

ただ近年は、短い距離のステージも多くなってきました。

2019年の場合、4つのステージが120km前後という短めの距離設定でした。

ミラノ~サンレモ

ミラノ~サンレモは、1番長いワンデーレースとして格式の高い有名な大会です。

2019年の場合、その距離はなんと291km!

日本のツールド沖縄も210㎞と頑張っていますが、さすがに敵いませんね(^^;)

スポンサーリンク

まとめ

最後に簡単にまとめたいと思います。

市民レース:100㎞前後
国内プロレース:100㎞前後
海外プロレース:200㎞前後

くらいの距離になることが多いようです。

100㎞や200㎞なんて、長距離を走ったことのない人からしたら、完走するだけでも大変ですよね。

それを時速40㎞以上で走るんですから、ビックリです。

ロードレースはただ走るだけでなく、戦略や駆け引きがいろいろあります。

興味のある方は、是非一度ロードレースをご覧になって下さいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

一緒に読んでほしい記事

タイトルとURLをコピーしました