知らないと迷惑がかかるロードレースのルールとは?初心者は必ず読んで!

レース関連

こんにちは、坂バカ理学療法士のわさおです。

ロードレースには、いくつかの暗黙のルールがあることをご存知ですか?

このルールを知らない初心者がレースに出ると、

「非常識な奴だな」

なんて思われて、レース中に叱られることもあります。

でも、ロードレースのルールってみんなわざわざ教えてくれないんですよね。

今回のテーマは、知らないと迷惑がかかるロードレースのルールについてです。

これからロードレースに出る初心者は、絶対に知っておいて下さいね!

スポンサーリンク

迷惑がかかるロードレースのルール

ローリング中は追い抜き禁止

ローリング中は追い抜き禁止です。

ローリングとは、レース開始前の準備走行のことです。

多くのレースは、スタート地点からすぐにレース開始にはなりません。

最初に1~3㎞くらいみんなでゆっくり走ってから、号砲とともに本格的なレースが開始します。

このみんなでゆっくり走る区間をローリングといいます。

ローリング中の追い抜きは禁止だと、どの大会のルールにも書いてあります。

それにも関わらず、少しでもいい位置でスタートしたいがためにローリング中にグイグイ抜かしてくる人がいます。

例えるなら、並んでいる人の前に割り込んでいくようなものです。

そのせいで落車が発生することもあります。

非常に迷惑で、危険な行為です。

ローリング中はゆっくりなため、抜かしたい気持ちも分かりますが、我慢して下さい。

集団走行中はラインを守る

集団走行中は、ラインと呼ばれるものを守る必要があります。

ラインとは何でしょうか?

例えるなら、見えない車の車線のようなものです。

ロードレース中は、道幅に合わせて集団の先頭が2列~5列くらいになります。

後ろを走る人は、前走者の真後ろを走るのがルールですので、きれいな列が何本かできることになります。

このきれいな列が、ラインです。

みんながラインを守れば、きれいな列が何列かでき、安全に走ることができます。

でも、ラインを守らない人がいます。

ラインを乱すということは、密集した高速道路で急に車線変更をするようなものです。

急に車線変更してきたら、危ないですよね。

無理やりライン変更をするのは、事故の元です。

どうしてもラインを変更したい場合は、ハンドサイン等で合図をしましょう。

車線変更時にウィンカーを出すのと同じです。

集団走行では見えない車線があると思っておけば、大丈夫でしょう。

ラインを守るのは、集団走行の絶対的ルールです。

コーナリングのイン切りはご法度

コーナリング中のイン切りは、超迷惑行為です。

イン切りという言葉を初めて聞いた方は、要注意です。

無意識にイン切りをして、周囲に迷惑をかけているかもしれません。

イン切りとは、コーナリング中にインコースから前走者を抜かす行為です。

もう少し詳しく説明しましょう。

コーナリングの基本はアウト側(外側)から入ることなので、コーナー前は皆アウト側によります。

つまり、イン側ががら空きになるわけです。

しかも、コーナー前の集団は減速しています。

速度を落とさずにイン側のコースを行けば、何人か抜かすことも容易です。

このコーナリング中のインコースからの追い抜きが、イン切りです。

みんながイン切りをすると、ただでさえ危ないコーナーが、超危険地帯になってしまいます。

コーナーは基本的に、追い抜き禁止です。

車でもそうですよね?

イン切りは魅力的ですが、絶対にやってはいけません。

スポンサーリンク

知っておいてほしいロードレースのマナー

ハンドサインや声出しはマナー

ハンドサインや声出しをするのは、マナーです。

お互いの安全のために、なるべくこまめにするべきです。

ハンドサインや声出しをする場面の例を挙げてみましょう。

  • ラインの変更
  • ブレーキをする前
  • 先頭交代をする時

やりすぎて迷惑というものでもありませんので、迷ったらどんどん合図しましょう。

トレック公式HPより引用

小集団では先頭交代をする

ロードレースでは、先頭交代をする義務というものがあります。

20人以上の大集団なら、先頭交代をしなくても何か言われることはありません。

でも、小集団は別です。

先頭交代に参加しないと、

「ちゃんと前に出ろよ!」

なんて怒号が飛ぶこともあります。

せっかくのロードレースで怖い思いをしたくないですよね。

集団人数が少ないほど、先頭交代の義務が強くなりますので、覚えておきましょう。

「先頭交代する脚なんてないんだけど」

という方も、時間は短くてもいいので形だけ前に出ておきましょう。

どうしても前に出れない場合は、正直にその旨を話して、お願いしてみましょう。(許してくれるかどうかは分かりませんが)

とはいえ、‟何人以下なら絶対に前を引かなきゃいけない”と厳密に決まっているわけではありません。

意識していれば、割とその場の雰囲気で、交代すべきかどうか分かるものです。

難しく考える必要はありません。

集団はみんなで前を引くもの、ということだけ知っておけば大丈夫です。

スポンサーリンク

まとめ

最後におさらいをしましょう。

ロードレースに出るなら知っておいてほしいルールは以下の通りです。

  • ローリング中は追い抜き禁止
  • 集団走行中はラインを守る
  • コーナリングのイン切りはご法度
  • ハンドサインや声出しはマナー
  • 小集団では先頭交代をする

この最低限のルールは、ロードレースに出るなら絶対に知っておいて下さい。

みんながルールを守れば、落車なんかおきません。

このあたりは車と一緒ですね。

誰かがルールを破るから、事故が起こるんです。

ここまでこの記事を読んでくださった皆さんは、もう大丈夫です。

迷惑をかけずに、安全に楽しくレースをしましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

一緒に読んでほしい記事

タイトルとURLをコピーしました