【ロードバイク】皆のロングライド時の平均速度まとめ|速さの目安はどれくらい?

ロングライド

こんにちは、坂バカ理学療法士のわさおです。

ロードバイクでロングライドに慣れてくると

「自分のペースって他の人と比べてどうなのかな?」
「速い人はどれくらいの平均速度で走ってるんだろう?」

といった疑問が出てきますよね。

世間一般と比べて、自分がどれくらいなのかってやっぱり気になりますよね。

今回のテーマは、みんなのロングライドの平均速度についてです。

Stravaのデータを元にみんなの速度をまとめてみました!

スポンサーリンク

平均速度とは?

平均速度の定義

平均速度っていろいろな捉え方があるのってご存知ですか?

この記事での平均速度の定義は“ネット平均”(サイコンに表示される平均速度)のことです。

「ネット平均って何?」

と思いますよね。

詳しくみていきましょう。

いろいろな平均速度

平均速度といわれるものには、いろいろあります。

簡単に説明すると

巡航速度:加速、減速時を除いた巡航中の速度
ネット平均:停止時を除いた全走行の平均速度
グロス平均:停止時を含む全走行の平均速度

となります。

世間で“平均速度”というと、人によって巡航速度のことだったり、ネット平均のことだったり、バラバラです。

Stravaやサイクルコンピューターのログに残る平均速度が、ネット平均です。

ネット平均が一番分かりやすいので、この記事ではネット平均のことを平均速度と表現させて頂きます。

ロングライドの定義

ロングライドの定義はこの3点に絞ってStravaからデータ収集をしました。

  • 100km以上の道路を走ったもの
  • サイクリングロードのみ等、信号のない道ばかりのものは省く
  • レースのデータは省く

「100㎞はロングライドじゃない!」

というベテランの方がいるかもしれません。

でも初心者からすると、100㎞でもロングライドだと思うので、今回は100㎞もロングライドとさせていただきます。

スポンサーリンク

ロングライドでの世間の平均速度

皆の平均速度まとめ

時速18km以下→初心者
時速18〜22km→中級者(非競技者)
時速22〜25km→中級者(競技者)
時速25km以上→上級者、プロ

大体こんな感じだと思われます。

かなりシンプルにまとめられました。

もう少し詳しくみていきましょう。

プロの平均速度(練習時)

国内のコンチネンタルチームに所属するある選手は、

津久井湖〜山中湖付近(道志周囲)のコースを平均時速28.1キロで走行していました。

しかもレース翌日の疲れた状態でです。

プロ、恐るべしですね。

確か道志付近は坂道ばかりで大変だったはずですが(・・;)

他の日も、100km以上走っている時は、平均時速が26〜29kmでした。

初心者の平均速度

初めて100㎞超えの距離を走った人たちのデータをみてみると、ほとんどが平均時速15~18kmでした。

若い男性はみんな時速17㎞以上で、年配の方や女性は時速15㎞台もいました。

経験者の方は、初心者と走る時はこれくらいのペースを維持してあげるといいかもしれません。

僕も初心者がいるのについついペースを上げてしまい、迷惑をかけるので、すごく参考になりました。

中級者の平均速度

平均速度18㎞~25㎞が一番のボリュームゾーンでした。

特に時速20㎞前後が多いです。

レースに出ていない非競技者のホビーライダーはこれぐらいのペースが多いようです。

レースに出ている競技者のホビーレーサーは平均時速22~25kmが大半でした。

スポンサーリンク

まとめ

最後におさらいをしましょう。

世間のロングライドでの平均速度は

時速18km以下→初心者
時速18〜22km→
中級者(非競技者)
時速22〜25km→中級者(競技者)
時速25km以上→上級者、プロ

となります。

とはいえ、あくまで目安です。

信号のない田舎道コースであれば、平均速度が30km以上になることもあります。

信号の有無や勾配、風向きによって、平均速度はばらつきますので、そこは注意して下さい。

あなたはどのくらいでしたか?

ご自身の普段のペースがみんなと比べてどれくらいなのか、知る参考になれば幸いです。

速い人は初心者の方と走る時に、この情報を参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

一緒に読んでほしい記事

タイトルとURLをコピーしました